サンクスツアー公式アプリ 国内線全発着表 国内線専用フライトスケジュールアプリ!早割チケットなどお得な商品を含めたチケット価格比較から予約・購入まで

国内お得航空券情報配信サイト サンクスNEWS

国内の航空券や、航空会社、LCCなどの得な最新情報をお伝えしています。

6月1日成田-香港線に就航¥7,500から。ジェットスター・ジャパン運航の国際線

      2015/06/12

成田発着国際線初就航!ジェットスター・ジャパン成田-香港線、週3〜毎日運航

スクリーンショット 2015-06-10 20.01.15
ジェットスター・ジャパンの国際線、成田-香港線が2015年6月1日から運航開始となりました。
ジェットスター・ジャパンとしては国際線は2路線目、2015年2月15日から運航開始した関西-香港線に続いての就航で、成田空港からの国際線就航は初めてとなります。

運航スケジュールは期間によって異なり、

・成田−香港線
6月1日〜7月17日は月・火・木週3日。
7月18日〜8月7日は月・火・水・木・金・日の週6日。
8月8日〜8月16日は月・木・金・日の週4日。
8月17日〜8月31日は月・火・水・木・金・日の週6日。
9月1日〜10月24日は週7日のデイリー運航となります。

上記期間中は1日1往復2便ずつの運航予定です。
運賃は基本運賃であるStarter運賃で¥7,500からとなっています。

成田に先立って2月に就航した関西国際空港発着の香港線も1日1往復2便となっています。
こちらも運航日は期間によって異なり、

・関西−香港線
〜7月17日は水・金・日週3日。
7月18日〜8月7日は月・火・水・木・土の週5日。
8月8日〜8月16日は火・水・土の週3日。
8月17日〜8月31日は月・火・水・木・土の週5日。
9月1日〜10月24日は火・水・金・日の週4日の運航を予定しています。

関空発着便の運賃はStarterで¥5,990が最安となっています。

この他、ジェットスタージャパンでは日本から香港へはこの期間¥1,300のサーチャージがかかります。各空港の空港施設使用料と合わせても最安の期間に利用すれば片道1万円前後で香港まで行くことができます。

ジェットスター・ジャパン国際線の今後の展開

ジェットスタージャパンはオーストラリアを拠点におくLCCジェットスター航空のグループ会社です。
ホームページを見ると分かりますが、サイトではジェットスター・ジャパン運航便だけでなく、ジェットスター航空やジェットスター・パシフィック、ジェットスター・アジアといった航空会社の運航便も購入できるようになっています。

また、ジェットスター航空はオーストラリア方面へ、ジェットスター・アジアはシンガポールやバンコクといったアジア各方面への日本からの発着便も既に運航されています。
こうした、グループとしては他の国内LCCには無い広いネットワークを持つジェットスター・ジャパンですがジェットスター・ジャパンとしての国際線展開にも積極的な姿勢を見せています。

当初は2013年頃から国際線への参入を目指していましたが2015年の関西-香港線で国際線就航を果たしました。
国際線就航計画としては日本から4〜5時間圏内が考えられており、韓国のソウルや釜山、台湾の台北や高雄、その他比較的近距離の中国の都市が候補とされています。

これら近距離のアジアの空港を就航地とすると成田ではバニラエアと、関空ではPeachと競合することになります。また関空-台北線などグループであるジェットスター・アジアが運航している路線もありますので、今後の国際線展開としてはジェットスタージャパンの第3の拠点として位置づけられ、国内線の重点的な路線展開が行われている中部国際空港からの就航も考えられます。

 - LCC路線情報, 国際線 , ,

スポンサードリンク