サンクスツアー公式アプリ 国内線全発着表 国内線専用フライトスケジュールアプリ!早割チケットなどお得な商品を含めたチケット価格比較から予約・購入まで

国内お得航空券情報配信サイト サンクスNEWS

国内の航空券や、航空会社、LCCなどの得な最新情報をお伝えしています。

2015年航空会社各社の国内線夏ダイヤ動向まとめ

スポンサードリンク

2015年も1月が終わり、航空会社は3月末から始まる夏ダイヤのスケジュールを発表、販売開始しました。
夏ダイヤから始まる新路線を中心に各航空会社の動向を紹介していきたいと思います。

経営再建を目指すスカイマーク路線大幅減、羽田線に集中で収支の安定化へ

a330_01
2015年に入ってまず大きなニュースとしてスカイマークの経営破綻、民事再生法の申請のニュースがありました。
エアバス社との受注契約の破棄についての多額の違約金が致命傷となったと思われる今回の事態ですが、出資会社の協力を得てスカイマークの運航自体は継続されます。

2月1日より大規模な運休が実施されてきましたが3月29日からは新千歳-仙台、米子-茨城、仙台-福岡、那覇−宮古、那覇-石垣が全便運休に、加えて那覇発着の宮古・石垣が運休となりますので那覇経由の宮古・石垣発着の路線が運休となります。

また、昨年羽田発着の福岡・新千歳線に導入された愛称「グリーンシート」のA330型機は運航中止され単一機での運航となります。

昨年末よりANA、JALとの共同運航の話がでていましたが現在具体的な発表はされていません。

運休路線の再開、コードシェア便の引き継ぎで路線増のANA

640x640-1
全日空(ANA)は夏スケジュールの開始とともに複数路線を再開・運航開始します。

伊丹-函館線のの運航再開をはじめとして、これまでコードシェア便であったエアドゥ運航の新千歳発着、福島・富山・小松線をエアドゥの撤退に伴いANA単独での運航を始めます。

これらはすべて2015年3月15日からの運航開始です。

また、季節運航路線として関西-宮古線を6月1日~9月30日の期間。昨年も運航した福岡-石垣線を4月24日~10月24日の期間運航が決まっています。

この他、3月29日から新規就航となるソラシドエアの那覇発着中部セントレア・石垣線がANAとの共同運航便となっています。

新たにAMX全便やFDA新路線とコードシェア開始、SKYNEXTの拡大も行うJAL

pic
日本航空(JAL)は夏ダイヤからの新規路線の予定は現在ありませんが4月1日より天草エアライン(AMX)とのコードシェア便の運航を開始します。

対象便はAMX運航便全便で、伊丹-熊本・熊本-天草・福岡-天草の3路線になります。
このコードシェアのJAL便の発売開始は3月2日からとなっています。

この他、これまでコードシェアを行ってきてるフジドリームエアラインズ(FDA)の3月29日からの新規路線、名古屋小牧発着の出雲・北九州の2路線についてもコードシェアを行います。

また昨年から導入されている新機内仕様の「JAL SKY NEXT」も対象路線を拡大します。
3月29日からは羽田発着の高知・広島・帯広・青森・釧路の5路線と伊丹-那覇を加えた計6路線に新たに「JAL SKY NEXT」が導入、合計21路線になる予定です。

首都圏からの路線を拡大するPeach

Peach
Peachは3月29日の夏ダイヤより新規路線を開設します。
新しい路線は成田-福岡、成田-新千歳の2路線です。

これまでは関西発着の成田・那覇線がジェットスターと競合する以外は関空を中心に他の国内LCCとは異なる独自の路線展開を進めてきたPeachが競合路線へ進出します。
特に成田-新千歳線はジェットスターの他にもバニラエアも運航する路線ですので価格競争等に注目が集まります。

現在の予定では成田-新千歳線は1日1往復2便で料金は¥3,990から、成田-福岡線は1日2往復4便で¥4,700からとなっています。

その他航空会社の新規就航等

soraseed
この他の格安航空会社などの新規就航予定は、先にも述べましたがソラシドエアが那覇発着の中部セントレア線と石垣線の2路線をANAとのコードシェアで運航開始

FDAが名古屋小牧発着の出雲線と北九州線の2路線をJALとのコードシェアで運航開始します。

いずれも運航開始日は3月29日からとなっています。

新規路線は以上ですが運休の方は、エアドゥが新千歳発着の福島・小松・富山線から撤退。この撤退路線についてはANAが単独運航を始めることは前述しました。

その他、春秋航空日本が夏ダイヤより羽田-高松線を1日2往復から1往復へと減らします。

以上が各航空会社の夏ダイヤに向けての大きな動向となっています。

航空の夏ダイヤと直接は関係ありませんが、4月8日からは成田空港のLCC専用の第3ターミナルの供用が開始されます。
この新ターミナルにはバニラエア、ジェットスター、春秋航空日本の3社が利用することになっています。

また、3月14日には北陸新幹線が開業されます。ANAはこれにあわせて羽田発着の富山・小松・能登線の運賃を一部期間で値下げするなど行っています。こうした状況に合わせての運賃の変動も今後あるかもしれません。

特にスカイマークが那覇-宮古・石垣から撤退し、ソラシドエアが那覇−石垣線に就航するということで、運賃が大きく変動するのではないかとが現地では心配されています。
そういった情報は入り次第こちらでもお知らせしていこうと思います。

 - LCC路線情報, 特集 , , , , , , ,